新築を建てる時には老後の事も考えたつくりが良い?

住宅を考える際のポイント

バリアフリーを意識しよう

これから住宅を作る時は、今必要な機能ばかりを考えている人が見られます。
しかし、これからずっとその住宅で暮らしていくことを忘れないでください。
今は身体に不自由な部分がなくて、特に気にしないかもしれません。
ですが年齢を重ねると、足腰が弱くなることが多いです。
その時にバリアフリー機能がないと、不便な生活になってしまいます。
手すりを付けたり、呼び出しボタンを取り付けることをおすすめします。

足腰が弱くなると、車イスを使って生活を送ることになるかもしれません。
その時のため、階段を減らすのがおすすめです。
自宅の前に段差がある場合は、緩やかなスロープにしてください。
車イスを持ち上げるのは、非常に大変な作業です。
また、車イスでも楽に移動できる設計にしてください。
廊下の幅が狭いと、通りにくくなってしまいます。
広く設計することで、車イスでも自由に移動できるでしょう。

オール電化にすることで、老後の暮らしが便利になります。
年齢を重ねると、物忘れが激しくなることが考えられます。
料理をし終わった時に、コンロの火を点けっぱなしにしてしまうかもしれません。
火事に繋がるので、非常に危険です。
IHにすれば、消し忘れても火事に繋がることはないので安心できますね。
また、IHはお手入れが楽という面もメリットです
わざわざコンロを外して、お手入れをするのは面倒ですよね。
綺麗な状態をずっと維持できるよう、お手入れが簡単な方法を選びましょう。

TOPへ戻る